当社の自慢

当社の自慢について

なぜワイヤー、切削、研磨が
1つの会社でできてしまうのか

1983年に弊社は金型製造業として創業しました。そのため、当初から社内に研磨の設備とスキルはあったのです。その後、顧客企業の要請に合わせ、マシニングセンターやワイヤー放電加工機を取り入れ事業内容を拡大してきました。
一般的には、ワイヤー加工かマシニングセンターのどちらかに特化した製造業は多いと思います。しかし弊社の場合、事業拡大を経る中で、ワイヤー、切削、研磨の設備とノウハウを身につけてきたのです。
単に部品を削り出すだけではなく、金型製作のノウハウをそこに生かした面粗度と精度の高さが最大のウリです。

ワイヤー、切削、研磨が
社内でできることによる顧客価値

精密な加工をワンストップで受けることができます。 例えば、ワイヤー専門の製造業であれば、精度は高いものの加工に時間がかかる。もしくはマシニングセンター専門の製造業であれば、加工が早く量産はできるもの精度が十分にでないという特徴があることが多いです。
しかし、ワイヤー、切削、研磨の工程を社内に持つ弊社であれば、精度が高く、かつ、速い加工が可能です。加えて、品質保証にも積極的に取り組んでいますので、安心してお任せいただけます。 単品であっても、ある程度の数量があっても対応できますので、お気軽にお問い合わせください。
なお、旋盤加工は社内にありませんので外注対応になることをご了承ください。

発注にあたって

1個からでも製作できます。
加工素材にあるものは、全て弊社で用意できます。
弊社は3DCADに対応していますので、3次元データでご発注いただけます。
図面がなくても現物があれば、データ作成から加工まで一貫して行えます。