品質保証の取り組み

品質保証の取り組みについて

弊社の検査ルール

  • 単品受注の部品は全品検査をします。
  • 図面にH7などの公差指示がある場合、全品検査します。
  • 一般公差の場合、JIS Z9015-1 のⅡ(検査水準)に沿って抜き取り検査をします。
  • 図面に特別に検査基準の記載があれば、それに準じます。

検査手順

  1. 図面に記載された形状と完成品の形状を目視で比較する。
  2. 完成品の外側と内側に傷・打こんがないかを目視する。
    • 傷、打こんがなければ良品として次の検査工程へ回す。
    • 傷、打こんが確認できれば、不良として修正もしくは再製作手配する。
  3. ネジの部分はネジゲージを使って、ネジがきれているか確認する。
    • ネジゲージがネジ入り口からは回って入り、もう片方が入らなければ良品とする。
    • ネジゲージが両方から入る、もしくは、両方から入らなければ不良とする 。
  4. 図面に公差記載がない全ての箇所に対し、JIS B 0405.0419加工寸法の普通許容差内かどうか各種検査工具を使って測定する。
    • 検査した箇所について、図面の寸法数値の部分に赤ペンでチェックする。
    • 普通許容差外であれば不良として修正もしくは再製作手配する。
    • 図面に公差記載がある箇所は全て、公差内に収まっているか各種検査工具を使って測定する。
    • 図面の公差寸法記載の横に、赤ペンで実測値を記入する。
  5. 完成品を図面と一緒に、傷や打こんが付かない様コンテナに入れる。

弊社のオリジナル3Sルール

  • 1日の終わりには、設備を使った本人以外の者が掃除する。自分が使った設備は仲間が掃除し、仲間が使った設備を自分が掃除すること で、緊張感と思いやりを持って3S を進める。
  • 1日の終わりの掃除には、経営者や間接社員も含め全員が参加する

検査機器(工具)

  • デジタルハイトゲージ
  • ハイトゲージ
  • 各種デジタルマイクロメータ
  • シリンダーゲージ
  • 各種栓ゲージ
  • 各種ネジゲージ
  • リングゲージ
  • ブロックゲージ
  • デプスゲージ
  • その他